zoom会議でちょっとだけビューティーに見せるコツ

最近私もよくzoomでミーティングや飲み会に参加することが多いのですが、皆さんまだ慌ててこの新しいアプリを使い始めたばかりで、人によって環境がバラバラです。そして、やはり女性が気になるのは、ビューティーに映っているかどうかということではないでしょうか。スマホカメラはビューティーモードがもてはやされ、インスタやFacebookの写真ではsnowやビューティープラスで盛り盛りの自分しかさらけ出してないのに、ビデオ会議になったとたん、普段、いや普段以下の自分になってしまう、、、そんな経験をしていませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな状態の人、よく見かけます。私も普段のSkypeやzoom会議ではだいたいこの状態です。これは問題が3つあります。

1.下からあおるアングル

2.逆光

3.ごちゃごちゃした背景

女子は自撮りするときに、斜め上めから小顔になるようにとりますよね。ですが、デスクに置いたままのPC(特にノートPC)では、このような下からのアングルになることが多々あります。

また、部屋の照明というのは普通部屋の中央あたりの天井にあると思いますが、デスクは壁側にあることが多いですよね。そうすると部屋の照明に対して背を向けるような格好になります。そして逆光になってしまうわけです。

そして最後の背景、これはまあ仕方ないことが多いですが、オフィス内はともかく、家の中等は生活感がものすごくあって人に見せたくないことも多いですよね。

これらの問題を1つずつ解決して、ちょっとでもビューティーに撮る方法を考えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、私のオフィスの状況はこんな感じです。照明がデスクの後ろにあるため、いつもビデオ会議では逆光になってしまいます。そこで、スマホ用の小型リングライトを使ってみることにしました。また、アングルの改善にはタブレット台を下に入れて角度をつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ME-R01P  セルカライト(マットピンク) 1500円(プロ機材ドットコムの商品です)

ボディカラーは4色(白、黒、ブルー、ピンク)あります。

ME-R02W セルカライト2(ホワイト) 2030円

色の3段階調整、光量の無段階調光が可能。こちらはボディカラーは白と黒のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PC内蔵カメラの性能の問題もありますが、少なくとも逆光の状態からは少し改善しました。でもまだ後ろのライトに対して明るさが少し足りないのと、色味が白っぽい感じになっており、もう少し健康的な血色が欲しいところです。手元にあったのがセルカライト(旧型)のみだったため、白いタイプのデイライトのみの光のライトだったのですが、セルカライト2ですと色のタイプが電球色とデイライト、そしてそのミックス光と3タイプの切り替えができるようになっています。そちらですともう少し血色良くなりそうです。(後日セルカライト2で再実験しようと思います。)PC内蔵カメラは、露出やホワイトバランスはオートで決まってしまうので、自分でいじれないのが難点ですね。

さて、PC内蔵カメラに不満を持ったので、スマホ(iPhone11Pro)のインカメラにリングライトを装着して試してみました。ビデオ会議はもちろんオートで撮影、加工なしですが、こちらは健康的な顔色に色味バランスを整えてくれていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで簡単な方法を試してきました。まずはスマホ用のセルカライトでも十分な効果を得られますが、最後にやはり自社の配信スタジオ内で試してみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごちゃごちゃの背景もすっきり。オシャレな部屋に早変わりです。社内スタジオの方は、小さなリングライトではなく、48wの大き目のリングライトを使用しています。大きいライトの光がやわらかく広がり、皺やシミをソフトに飛ばしてくれます。こちらのLEDライトはなんと、色も変えられます!電球色から蛍光灯のような白い色まで無段階にダイヤルで調整できるので、環境光(部屋の光等)にも合わせやすい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどまであんなに不満に思っていたPC内蔵カメラですが、まあまあ光がキレイに回り最初の映像とは雲泥の差になりました。先ほどこの方法でPC内蔵カメラからライブ配信をしましたところ、「カメラ何使ってるんですか?」と聞かれたほどです。ただし後からPCの大きな画面で確認したところ、解像度がもう少し欲しいところでしたので、やはり普段配信しているミラーレス一眼の映像には適いません。また、スマホやPC内蔵カメラは輝度差の階調がキレイに表現できず、光がちょっとでも強いと白飛びしてしまいます。私はおでこの部分がすぐに白くテカってしまいます。それでもオンライン会議くらいではまあ許せるレベルにはなったのではないでしょうか。

あとオフィスのごちゃごちゃや家の中見せたくない人は、背景幕もあると便利ですよ!あ、でもzoomはバーチャル背景もありますね!Skype会議や動画配信にはお手軽な背景幕も役立ちます。

スタジオで使用している機材はこちら

KD-BL48LED-W ビューティーライトマットホワイト 37,000円

L-2440B スタンダードスタンド 4,500円

オリジナルマイクロファイバー背景 25,000円~

 

ライブ配信、動画配信をやってみたいけどどんな機材を買えばいいのかわからないという方、補助金を活用してスタジオ設置に興味のある方、プロ機材ドットコムまでお気軽にお問合せください。
スタジオ構築のアドバイス、機材選定から設置作業まで、サポートを行っています。

電話 098-857-7144
メール info@prokizai.com

Posted in ハブスタブログ.